《2017年 目黒記念(G2)予想》予想オッズとコース分析

2017年 目黒記念(G2)東京芝左2500m コース分析

目黒記念(G2)の行われる東京芝左2500m のコースを分析していきます。

まず、目黒記念(G2)のコースである東京芝左2500m は1コーナーまでの直線距離は450m。

全体距離は芝2400mよりも100m長くなっただけですが、スタート地点がスタンド前直線の坂下になり、上りスタートになります。このため、2400mよりもテン(ゲートが開いてから最初が速いこと)は落ち着く傾向にあります。

直線の坂を2度上ることもあり、ゴール前は瞬発力に加え、スタミナも必要です。持久力勝負になりやすいですね。

どちらかと言えば荒れやすいコースで差しが非常に有利なコース。外枠(特に7枠)の成績が良いです。

2017年 目黒記念(G2)東京芝左2500m 枠と傾向

  • 2枠 25.0%
  • 6枠 25.5%
  • 7枠 22.2%
  • 逃げ 0.0%
  • 先行 20.5%
  • 差し 25.3%
  • 追込 6.3%

2017年 目黒記念(G2)東京芝左2500m 騎手

40%以上
  • 福永祐一(50.0%)
  • 小牧太(50.0%)
  • 吉田隼人(50.0%)
20〜39%以下
  • 蛯名正義
20%以下
  • 戸崎圭太
  • 内田博幸
  • 北村宏司
  • 横山典弘

2017年 目黒記念(G2)予想オッズ

目黒記念(G2)の予想オッズ
※人気順
1 ヴォルシェーブ 2.3
2 カフジプリンス 5.1
3 ウムブルフ 5.5
4 モンドインテロ 6.7
5 フェイムゲーム 11.7
6 クリプトグラム 13.3
7 ラニ 20.0
8 ヒットザターゲット 27.4
9 ワンアンドオンリー 29.3
10 アルター 41.7
11 トルークマクト 61.1
12 レコンダイト 63.8
13 サラトガスピリット 64.8
14 シルクドリーマー 117.2
15 ハッピーモーメント 140.8
16 メイショウカドマツ 141.3
17 ムスカテール 209.7
18 プレストウィック 231.7
19 マイネルサージュ 237.2
20 サムソンズプライド 238.6
21 トレジャーマップ 415.1

2017年 目黒記念(G2)コース分析まとめ

目黒記念(G2)東京芝左2500m コース分析と中間調教から明らかになった下記3頭を注目。

ヴォルシェーブ/調教師:「前走メトロポリタンS(OP)が強かったけど、今回の目黒記念もあれくらいの勝ち方をしていい馬だと思います。調教の動きは良く、使ってからの上積みも見込めます。東京の2500mという条件はベストといっていいし、重賞でもいい競馬ができると思います。」総合評価◎

クリプトグラム/調教助手:「久々だがずっと乗り込んでいるので状態は良い。当週の追い切りでさらに良くなると思います。昨年のこのレースまで3連勝しており、能力は高い。いい決め手を持っているし、あとは実践勘がどうかだけ。」総合評価◎

モンドインテロ/調教助手:「前走の大阪杯(G1)では相手も強かったが、ちょっと脚を余し気味だった。G1の厳しい流れを経験したことは今後に活きると思う。中間調教では前を行く僚馬2頭を猛然と追い上げ、鋭い脚で併入へと持ち込む。5ハロン65秒9の時計も非常に優秀で、体調は見るからに上向き。」総合評価◎

予想オッズから見てもヴォルシェーブモンドインテロ辺りを軸に組んでいくのが良さそうですが、昨年の目黒記念勝ち馬クリプトグラムも外せない存在。特に軸として期待されるヴォルシェーブを見て行く。

ヴォルシェーブの前走(メトロポリタンS)は直線の攻防で進路が窮屈になり、ラスト2ハロン付近から手綱を引っ張って外に切り替えるロス。

他馬と接触してバランスを崩すところもありましたが、そこから立て直すと力強く加速し、ノーステッキで楽に突き抜けました。まさに力が違っていた印象です。

東京のターフでは5戦して【3 1 1 0】。今回と同じ舞台のアルゼンチン共和国杯ではシュヴァルグラン、アルバートに次ぐ3着。その比較からも今回の相手関係なら主役を張れる存在といえるでしょう。

上記のような徹底した分析を踏まえての本格的な予想買い目を知りたい方は、無料でメルマガ登録をして頂くことで、閲覧用のパスワードをお送りさせて頂いております。是非、メルマガのご登録お待ちしております。全て無料です。

無料メルマガ登録はこちら

このページの先頭へ