《ニュージーランドT 2017年 予想》予想オッズと出走馬データ

今週の「ニュージーランドT」も重要レースです!予想オッズと出走馬の分析を踏まえて予想していきます!

さっそく予想オッズからチェックしていきましょう。

《ニュージーランドT 予想オッズ》

1番人気 タイセイスターリー 2.9

2番人気 クライムメジャー  4.2

3番人気 ボンセルヴィーソ   4.6

4番人気 ディバインコード    5.4

5番人気 スズカメジャー   10.3

6番人気 ナイトバナレット   13.9

上記の予想オッズから出走馬の分析をしていきます。


《1番人気 タイセイスターリー》 2.9
直近の成績
2017/02/12 共同通信杯(G3)
人気:4位
結果:4位

2017/01/08 日刊スポシンザン記念(G3)
人気:4位
結果:2位

2016/11/12 デイリー杯2歳S(G2)
人気:1位
結果:8位

2016/10/08 2歳新馬
人気:1位
結果:1位

内田騎手なら安心できるとの評価も多数。ロジチャリスのようにしっかり意識して先行できれば今の早いラップを要求されない中山なら大丈夫か?ニュージーランドTの登録メンバーの中ではこの馬が本命なのも頷ける。



《2番人気 クライムメジャー》 4.2
直近の成績
2017/03/05 3歳500万下
人気:1位
結果:1位

2016/11/27 ベゴニア賞(500万下)
人気:1位
結果:3位

2016/10/08 サウジアラビアRC(G3)
人気:1位
結果:3位

2016/07/24 2歳新馬
人気:1位
結果:1位

気性の若ささえみせなければ能力はミヤビ級。川田騎手、得意の追い込み戦法が吉と出るか?上位争いに参加するのは間違いないだろう。



《3番人気 ボンセルヴィーソ 》 4.6
直近の成績
2017/03/18 中スポ賞ファルコンS(G3)
人気:2位
結果:2位

2016/12/18 朝日フューチュリティ(G1)
人気:12位
結果:3位

2016/11/12 デイリー杯2歳S(G2)
人気:8位
結果:2位

2016/10/10 2歳未勝利
人気:3位
結果:1位

短距離界の最強1勝馬。一番人気かと思っていたが3番ということでディバインとの二頭軸もアリ。3連複の軸には最適だと思われる。



《4番人気 ディバインコード》 5.4
直近の成績
2017/02/25 アーリントンC(G3)
人気:3位
結果:3位

2017/01/05 ジュニアC(OP)
人気:1位
結果:2位

2016/11/05 京王杯2歳S(G2)
人気:4位
結果:3位

2016/09/10 アスター賞(500万下)
人気:2位
結果:1位

データ的にキャリア6戦以上で勝率30%を超え、複勝率も80%以上の馬で中山芝1,600mで3着以内の実績を持っていた馬に限ると勝率は100%。更に言うと、ジュニアCからアーリントンCのローテも昨年の勝ち馬と同じ。競馬に絶対はないが、まさに勝機到来。



《5番人気 スズカメジャー》 10.3
直近の成績
2017/03/11 フローラルウォーク賞(500万下)
人気:1位
結果:1位

2017/02/05 きさらぎ賞(G3)
人気:5位
結果:中

2017/01/05 3歳新馬
人気:3位
結果:1位

期待の◎ダイワメジャー産の割にラスト良い瞬発力・持続力を両方兼ね備えた脚を使う印象。馬場は多少渋るかもしれないけど血統的に苦にはしないと個人的には物凄く期待。クライムメジャーとダイワメジャー産2頭軸もありか?



《6番人気 ナイトバナレット》 13.9
直近の成績
2017/03/18 中スポ賞ファルコンS(G3)
人気:1位
結果:11位

2017/01/05 ジュニアC(OP)
人気:3位
結果:1位

2016/12/17 ひいらぎ賞(500万下)
人気:5位
結果:3位

人気いくらなんでも予想オッズだけど落ちすぎが否めない!上2頭とこの馬の差なんて一切ない。あるとしたら騎手。まぁそれは中谷騎手に頑張ってもらうしかない。

《ニュージーランドT 2017年 予想》予想オッズと出走馬データまとめ


意外にも予想オッズ上位に上がってないタイムトリップが私自身注目している馬だ。

昨秋のカンナSと前走のクロッカスSのオープン特別2勝を含む計3勝をマークしており、実績はここでは文句なしにトップ。

菊川調教師は「ここにきて(心身が)充実していますし、順調にきています」と、納得の調整にうなずいた

デビューから先行策が多かったが、前走では初めて中団からレースを進めて、上がり最速33秒3の末脚を発揮して快勝した。菊川師は「いろんな競馬ができているけど、ためていった方がいいと思う」と、今回も切れ味勝負にかける考え

まだまだ選別要素はある為、詳しい買い目は無料メルマガで公開します。

無料メルマガ登録はこちら

このページの先頭へ