【伊良湖特別】(中京)~ダンツゴウユウが最後方から差し切りV

中京12Rの伊良湖特別(4歳以上1000万下・ダート1400m)は2番人気ダンツゴウユウ(酒井学騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒1(稍重)。1馬身1/4差の2着に4番人気カネノイロ、さらにクビ差の3着に8番人気メイショウラケーテが入った。

ダンツゴウユウは栗東・谷潔厩舎の4歳牡馬で、父バンブーエール、母チョウカイクリス(母の父サクラバクシンオー)。通算成績は17戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ダンツゴウユウ(酒井学騎手)
「メンバーを見ても縦長にはならなさそうだと思っていて、射程圏にさえ入れられていれば、終いの勝負なら有利だと思っていました。道中の行きっぷりは良すぎるくらいでした。追い出してから少しもさっとするところがあるので、少し早めに追い出しました。坂の途中で脚色が一緒になったかと思いましたが、前が止まって、こちらはまた伸びてくれました。地力が強化していると思います。上のクラスでもペースがはまればやれると思います」

3着 メイショウラケーテ(池添謙一騎手)
「近走は成績が良くなかったですが、それは気が入っていなかったこともありました。今日は集中して走ってくれました。このくらい走る力はある馬です。これが良いきっかけになればと思います」

4着 クラシコ(M.デムーロ騎手)
「道中は良かったですが、最後は伸びなかったです」

ソース:http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_13748.html

このページの先頭へ